キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

洗顔方法の基本をもう一度おさらいしよう!

   

正しい洗顔は美肌の基本!

汚れや古い角質を落とし、素肌の表面を整えることは、スキンケアにおいて一番大切なことです。

いい美容液を試しても、あまり効果が感じられない。
化粧のノリが良くないような気がする。
ニキビや毛穴の汚れが気になる。

そんなときはもう一度原点に帰り、洗顔法を見直してみましょう。

No!洗顔のタブー「あなたは心当たりありませんか?」

1.No!「洗顔料をあまり泡立てずに使っている」

汚れを落とすのは泡のチカラが大きいのをご存じですか?
きめ細かい泡が肌の上を転がることで、汚れをキレイに落としてくれます。
泡立てが不十分だと、洗顔効果が薄れるばかりか、肌を痛めるこすり洗いを招く元!

とは言え、キレイに洗顔料や石鹸を泡立てるには手間がかかりますよね。
泡立て用のスポンジやネットを使ったり、最初から泡立った状態で出てくるプッシュポンプを使うと手間が省けます。

正しい洗顔方法 画像

スポンジはカビが生えやすいので、使用後は水気を切って乾かしましょう。

2.No!「気合いを入れてゴシゴシこする」

泡を広げたら、力を入れずに手のひら全体でそっと洗いましょう。
手のひらを直接肌につけず、 たっぷりの泡を転がす要領で。
ゴシゴシこすっても効果が上がるわけではありませんし、シワやたるみを作る元になってしまいます。

3.No!「フェイスラインは洗いにくいから適当に」

正面からよ~く見える顔の表面と同じくらい、顔の周辺(フェイスライン、髪の生え際)も汚れています。
確かに洗いづらい部分ですが、忘れずに丁寧に洗いましょう。
ファンデーションが残ったままになりがちですよ。

4.No!「熱いお湯ですすぐとスッキリ!」

シャワーを浴びるとき、体を流すついでに顔にお湯をかけると、とても熱く感じませんか?
体に比べ、顔の皮膚は薄く、敏感です。
熱い温度ですすぐと必要以上に潤いを奪ってしまい、乾燥したり荒れたりする原因になりますので、
「熱く感じない程度、ぬるく感じない程度のお湯」 ですすぎましょう。
ニキビのできやすい人は、逆にすすぐ温度が低すぎないかチェックしてくださいね。

5.No!「すすぎはチャチャッと簡単に流すだけ!」

正しい洗顔方法 画像

顔についた洗顔料をキレイに洗い流すには、思ったより丁寧なすすぎが必要です。
特に、凸凹の多い鼻の周り、おでこの生え際、フェイスライン、顎先は意識してすすがないと洗顔料が残りがちです。
「落ちたかな?」と思ってから、もう何度か余分にすすぐことを心がけるといいですね。
また、すすぎの際は流水で!

 - スキンケア ,