キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

かかとの角質ケアは除去&保湿で!

   

お顔の手入れが完璧な人でも、ひじやかかと、膝がカサカサゴワゴワしていると台無しに!
こういうところにちょっと気を使っているかいないかで、ずいぶん印象が変わってしまいますよね。

私もかかとは油断するとすぐに固くなり、ボロボロと白い粉がふいてしまうほど。
足の裏はそう人にみられる部分ではありませんが、それでもやっぱり気になります。
フットケアは日頃の保湿と、ときどきやる角質除去の2段構えで簡単にできます。
効果的にツルツル踵を手に入れるために、コツを調べてみましょう。

1.除去前に角質を柔らかくして!

固くなった角質はムリにこすったりするとひび割れてしまったりして大変なことに。
角質取りの前にぜひ足湯(フットバス)を。
ちゃんとしたフットバスでなくても全然大丈夫です。


<フットバス>特に機能にこだわらなければ、2000円台で購入することも可能!

熱めのお湯を容器に汲んで、テレビでも見ながら、スキンケアでもしながらゆっくり足裏を浸しましょう。
エッセンシャルオイルやバスエッセンスを入れるといいですし、園芸店などで簡単に買える木酢液を入れると除菌・消臭効果もバツグンですよ。

2.ブラシで優しくこすろう

水気を拭き取ったら、こする部分の皮膚をピンと張り、ブラシで優しくこすります。
このとき、決してゴシゴシやらずに、一定方向に(角質の気になる部分の端から中央へ)こすること。
やりすぎると肌を守るのに必要な角質まで取ってしまいますし、刺激から守るために皮膚が防御反応を発動してしまいます。


かかとケアのためならこんなブラシが使いやすいですね

3.スクラブ剤で仕上げ

ブラッシングに加え、スクラブ剤を使うことでさらに滑らかになります。
踵を手のひら全体で包み、くるくる撫でるようにしましょう。


IKKOさんおすすめの韓国エチュードハウスのピーリングジェル
顔に使うものですが、かかとにももちろんOK!

4.たっぷり保湿でフィニッシュ!

顔もそうですが、肌が固くなるのは乾燥が原因になる部分が大きいそうです。
マメに保湿して皮膚の乾燥を予防しましょう。
毎晩寝る前にクリームを塗るといいですね。
保湿のためにラップをしたり靴下を履いて寝る人もいますが、蒸れて雑菌が繁殖するとよくありませんし、体温調節のために熱を発散することもできなくなりますので、寝るときは控えた方が良さそうです。


潤いを与えるだけでなく、それを逃さないための細胞間脂質の存在が大切。
細胞間脂質の主成分セラミド配合のDHC薬用セラミドは、かかとの角質ケアにも最適です。

 - ボディケア