キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

上級アイメイクテクニックをマスターしよう

   

目のキワから上に向かって濃い色から薄くなっていくグラデーションは、誰でもどんな色でも使いやすい基本のアイメイク方法。
それを覚えたら、ぜひもう一つ覚えておきたいグラデーションの作り方があります。

鏡で上まぶたを見て、眼球のふくらみを確認してください。
このふくらみとその上の骨が作り出すくぼみ(アイホール)。その骨格を生かしたワンランク上の上級アイメイクです。

ここでは順を追ってそのアイメイクのやり方をご紹介する簡単レッスンをしてみますね。

<この順番で塗ろう>

上級アイメイクの仕方 画像

1は明るさを強調するカラー。
2と3は影になるカラーを使います。


資生堂インテグレートアクセントアイズ
左の明るい色を目頭に。右のブラウンを影色にするのはいかが?
仕上げに真ん中のキラキラを目頭にプラスして! 

<では早速挑戦!>

※画像にPhotoshopで着色してメイクをしています

1.明るい色を目頭寄りに

上級アイメイク講座 画像

今回はパープル系の濃淡にしてみます。
明るい色を眼球のふくらみの目頭側にいれます。
ブラシだとはっきり入らないので、大きいチップか薬指を使うのがおすすめ!
目頭のキワが一番濃くつくようにしてください。

2.暗い色を目のキワに

上級アイメイクレッスン 画像

チップにとり、目尻に置いたら、目のキワから離れないように目の中央に向かって何度か動かします。
目のアウトラインから離れないようにしてくださいね。

3.目尻を起点にチップを上に

上級アイメイク方法 画像

2のチップに色を付け足さずに、そのまま3に移ります。
目尻を中心にして、眼球のふくらみに沿って上へ移動していきます。
一番上のアイホール(くぼみ)の部分は長めにつくようにチップを大きく動かしましょう。
一度に色をつけようとせず、少しずつ何度も塗るのが自然に仕上げるコツですよ。

やってみると案外手順が簡単なこのメイク。
基本のグラデーションにくらべ、ゴージャスな雰囲気に仕上がります。

まぶたが平坦で「眼球のふくらみなんてないよ」という人は指で触ってみて!
誰でも必ずアイホールはあります(笑)
肌になじみやすい色でやれば大丈夫ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 - アイメイク ,