キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

デジャヴュ ファイバーウィッグ(マスカラ)口コミレポ

      2009/05/22

マスカラはメイクに欠かせないマストアイテムなんだけど、クレンジングのたびに落とすのに苦労していました。
マスカラだけは肌にしているメイクではないので別に落とさなきゃ落ちないし、落ちにくかったり目の周りが真っ黒に汚れちゃったり…。

そこで気になったのが、最近評判になってる「お湯で落とせるマスカラ」。
メイクが落ちてきて目の周りににじんできたり、クレンジングに苦労することもなく、「にじまない&落としやすい」なんて理想的ですよね。

お湯で落ちるマスカラには、KATEのドールラッシュマスカラやナチュラッシュマスカラ、ランコムのマジィーシル、ヘレナルビンスタインのラッシュガードなどがありますが、とりあえずドラッグストアなどでも大々的に売っているデジャブのFiberwig(ファイバーウィッグ)を使ってみました。

私が買ったのは下の画像の「春の限定アイテム」のピンクの花柄版。
色はピュアブラックです。
これは1本で売っていましたが、上の画像のように仕上げ用とセットでも売ってますね。 

デジャヴュ ファイバーウィッグマスカラ 画像

まずはビューラーでまつ毛をカール。
さっそくマスカラを塗りましょう。

塗っているときの感覚もどういっていいか分からないんですが、普通のマスカラと違う感じ。
塗っていくそばから液がフィルムのようになってまつ毛を包むのが分かります。

<塗る前>

デジャヴュ ファイバーウィッグ使用前 画像

<塗った後>

デジャヴュ 塗るつけまつ毛 画像

マスカラを塗るとき、たまにまぶたに液がついて黒くなってしまうことがありますよね。
この「塗るつけまつ毛」なら、乾くまで待ってから剥がせば簡単に取れるので安心です。 

どんどん長く長くはなっていきますが、ボリュームはでないので、ボリュームがほしいときは他のものとの併用が必要になりそうです。

気になったのは、キレイにビューラーでカールしても、マスカラ液を塗ると繊維でプラスされた長さの分がピーンとまっすぐになって乾いてしまうこと。
根元が上がっているので下がっては来ないんですが、まっすぐに伸びてしまい、カール感は失われてしまいます。

カールがもっとほしいときは、マスカラを塗った後、乾いてからビューラーを掛けた方がいいですね。
その際、まつ毛を挟むタイプの一般的なビューラーではマスカラをコーティングしているフィルムが圧迫されてペッチャンコになってしまいます。
私は持っていないので試せませんが、できれば熱で持ち上げるビューラーを使った方がいいと思います。

クレンジングは…?

顔全体のメイクオフの前にまずマスカラから。
コットンにぬるま湯を含ませてしばらくまつ毛をはさみ、10~15秒くらい待ってからそっと引き抜くと、まつ毛からはがれたゴム状のマスカラがピロピロ~っとコットンに一杯ついてきます。
クレンジングのときもマスカラは「溶ける」のではなく、「緩んでまつ毛からはがれる」という感じ。
ものすごく簡単です。
この「落としやすさ」だけでもこのタイプのマスカラを使う価値は十分あると思ってしまうほど簡単。
これからもお湯で落とせるタイプのマスカラはいろいろな種類を試そうと思いますが、もう普通のマスカラを使う気にはなれません。

 - アイメイク ,