キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

下まつ毛にもマスカラを塗ろう

   

目を押し広げて大きく見せるデカ目アイメイク効果バツグンのマスカラ。
それを考えると、上まぶたのまつ毛だけにマスカラを使うよりも、下まぶたのまつ毛にも使って「パノラマ効果」を利用した方が断然得!
下まつ毛マスカラの効果や塗り方のコツを知った上で賢く使いたいものですよね。

下まつ毛のマスカラ~画像

1.下まつ毛は塗りにくい

上まつげより毛が短く、自然にカールされていて毛先が前に張り出していないので、マスカラを塗るのが難しくなります。
それだけに避けてしまう人も多いはず。
でも、つけ方をほんの一手間工夫するだけでずいぶん楽になるんです。
まずはマスカラのブラシの先についている液の量を調整しましょう。
マスカラの口の部分で拭うか、ティッシュで軽くふき取るといいですね。

2.まつ毛につかないように塗るフォームとは?

上まつ毛に塗るときは顎を上げた方が塗りやすいのですが、下まつ毛は逆。
顎を引き、根元がよく見えるように鏡を調整しましょう。

3.マスカラは縦持ちがベター

毛がある程度長い人は横持ち&横動きでOK.
そうでない場合はブラシを縦に持った方が、下まぶたにマスカラ液がついてしまう失敗がありません。
私は逆に縦持ちだと目に突き刺さりそうで怖いんですけどね(笑)

4.縦に持って左右に振る

縦に持ったブラシは1本1本塗るつもりで縦に動かしてもいいのですが、それこそ目に当たりそうで怖い!
そこで、小刻みに左右に動かしてみましょう。
ざっと全体に塗ってしまってから、くっついたりダマになった部分をまつ毛用コームで整えればOKです。

5.ikkoさん直伝の裏ワザ!

まぶたに液がついてしまう一つの要因は、マスカラのブラシ部分の大きさ。
特に外国産のマスカラはブラシが大きくて細かい部分が塗りぬくいものが多いですよね。
そこで、ikkoさんがおネエMANSで紹介なさっていたのが「歯間ブラシ法」。

やり方は簡単です。
歯間ブラシはマスカラのブラシがぐんと小さくなった形をしていますよね。
そこにマスカラの液をつけ塗るだけ。これでずいぶん塗りやすくなるんですよ。
おすすめです! 


20本くらい入ったお手軽な歯間ブラシでOK!

6.下まつ毛でも塗り方によって効果が違う!

>目尻側に多めに塗ると?

目元に深みが出て立体感を感じるメイクになります。
優しい印象に見せるタレ目効果もあり。

>目頭側に多めに塗ると?

目がパッチリしたキュートな印象になります。
目頭側のまつ毛、ほんの数本でOK。ボリュームをアップしてあげてください。
カラーマスカラを使ってもポイントになって素敵ですよ。

 - アイメイク