キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

メイク道具を揃えよう~メイクブラシ編

   

プロのメイクアップアーティストの皆さんのメイクする姿を見ていて、手先のテクニックと共にとても気になるのが道具類。
ブラシやチップ、ビューラー、パレットなど、プロのバッグの中にはどのような道具が揃っているのでしょうか。
テレビでときどき目にするメイクさんはたいてい「旅に出るの?」っていうような大きなケースにどっさり自分の道具を入れていらっしゃいますよね。
先日見たおネエMANSで公開なさっていたikkoさんの膨大なお道具にもびっくりしました。
よく耳にするのは、「上手にメイクするにはいい道具を使うこと」。
メイクをするのにぜひ揃えておきたい道具をチェックしてみましょう。

今回は、化粧筆やチップ類を取り上げていきます。

1.アイシャドウブラシ

アイシャドウを塗るとき、塗りたい範囲や濃さに応じて道具を使い分けましょう。
アイシャドウブラシはまぶた全体にベースになる色を薄くぼかしたいときに使うといいですね。
幅は1.5~2センチ程度(アイホールより少し狭いくらい)が使いやすいでしょう。
毛がふんわりと多めで粉含みがいいものが、ムラなく色をのせられて使いやすいです。

熊野筆メイクブラシ アイシャドウブラシ大
竹宝堂化粧筆アイシャドウブラシ

2.チークブラシ(フェイスブラシ)

チークがうまく塗れない、塗り方が分からないという人は、買ってきたチークに付属している小さなブラシを使っていませんか?
小さなブラシで綺麗にチークを入れるのはムリ!
ぜひ大きなブラシを用意してくださいね。
ハイライトやルーセントパウダーなどをのせるのに使うフェイスブラシを使ってもOKです。
幅は4センチくらいあるものが使いやすいです。

このように毛先が斜めになっていると、頬骨の凹凸に沿わせて塗るのにとても便利です。
チークだけでなく、ハイライトにシェーディングにと、肌の広い面積に使うものなので、チクチクしない上質のものを選んでおきたいですね。

3.アイブロウブラシ

眉を描くにはパウダーやペンシルなど複数の方法がありますが、パウダータイプを使うときに必要になるブラシ。
これまでの二つのブラシと違い、毛が短く薄いタイプのブラシが使いやすいです。

こちらもこのように毛先が斜めになっていると、「眉頭から眉山へ向けて上がって、眉尻へ折り返す」というラインを骨格に沿わせて描きやすくなりますね。
アイブロウシャドウに付属しているブラシでもいいのですが、専用のブラシを用意しておくとより自然な眉が描けます。

4.リップブラシ

昔、赤い濃い口紅を気合を入れて塗っていた頃は必需品だったリップブラシですが、最近は私も薄づきのリップを直接唇に当てて塗ることが増え、自然とリップブラシの出番も少なくなりました。
とはいえ、ムラなく丁寧に塗るためにはやっぱりぜひ使いたいブラシです。
アウトラインをしっかりとりたいときにも便利ですよね。
あまり柔らかいと塗りにくいので、固めのものを選びましょう。

毛にべったり口紅がつきますので、このように収納式になっているものが便利です。

4.コンシーラーブラシ

コンシーラーにもいろいろありますが、シミやそばかすなどの細かい部分を丁寧にカバーしたいときにあると便利なブラシ。
メイク用のものはあまり売ってないかもしれませんが、絵を描くための細筆でも大丈夫。

これはコンシーラー専用ブラシとして販売されているもの。
少し平たくなった丸筆で、先が細くなっています。
絵画用のものでも同じ。毛が短めで先が細いものを選んでくださいね。

クリーム状のコンシーラーを毛先にとり、シミやそばかすの一つ一つに塗って使います。

同じような極細筆は、ケーキアイライナー(アイシャドウのようになっていて、水で溶いて使うアイライナー)を塗るのにも使えます。

5.スクリューブラシ

先がマスカラのようなスクリュー型になっているブラシ。
眉をとかして形を整えたり、眉を描いたあとにぼかしたりするのに便利です。
とくに、アイブロウのアウトラインが自然にぼかせているかは仕上がりのナチュラルさに大きく影響しますので、
アイブロウペンシルの後ろについているものでもいいので1本持っていると絶対得!

このくらい太さがあるほうが使いやすいです。

6.チップ

アイシャドウパレットを買うとたいていついているチップ。
アイシャドウブラシが「薄く広範囲に」塗るのが得意なのと対照的に、チップはしっかり色をつけたいときに便利です。
目のキワ・二重の幅などに濃い目の色をのせるときはぜひチップで。

これもこのように柄の長いものが1本あるとかなり使いやすいです。
プロのメイクさんはメイクのたびに洗って使うとか…。

7.まつ毛コーム

マスカラ、特にボリュームタイプのマスカラを塗ると、まつげ同士がくっつきませんか?
そんなまつ毛はまつ毛コームでさっと整えましょう。
また、まつ毛は黒目を中心に放射線状に広がっているのが基本形。
コームでまつ毛の「分布」を整えるといいですね。

このように眉ブラシと背中合わせになったものをよく見かけます。
便利ですよね。

 - メイクその他