キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

目を大きく見せるメイク講座

   

エビちゃんこと蛯原友里さんのように、大きくクルンと愛らしい目は女の子の憧れ。
目は人の魅力が一番あらわれる場所なので、大きな目はそれだけで主張があって印象が強くなりますよね。

実際の目の大きさはそう変えられるものではないけれど、アイメイクで目を大きく見せることは可能です。
ここでは、お化粧でどうすれば目を大きく見せられるのか、やり方を研究してみましょう。

Photoshopで画像加工して目を大きく
Photoshopの画像加工で目を大きくしちゃうのは簡単だけど…(笑)

メイクでの基本的な方法は、「目が大きく見えるような錯覚を利用する」こと。

1.眉は太めに描こう

とっても簡単な理論です。
眉が細いとまぶたの面積が広くなりますよね。
そうすると、まぶたの広さに対して目の大きさの比率は自然と小さくなり、目が小さく見えてしまうんです。
そこで、眉を太めに描くことでまぶたを狭めるのが効果的。

2.まぶたは明るくしすぎない

これも1と少し似ています。
まぶたをハイライトや明るいパール入りのアイシャドウで明るくしすぎると、まぶたが広がって感じる分、目の面積を狭めてしまいます。
特に目のキワには明るい色を避け、ブラウンなどのダークカラーのグラデーションで引き締めるのがGood!

3.アイシャドウ・アイライン・マスカラで目を広げよう

目を中心に、360度外方向へ目を押し広げましょう。
目のキワはアイラインをしっかり入れますが、それだけでは「目はこれだけの範囲ですよ」と小さい目を目立たせてしまいます。
そこで、アイシャドウでしっかりグラデーションをつけ、外へ外へと目が広がっているようにみせます。
目を大きくするためのアイシャドウは、色を感じさせず肌に馴染むブラウンが最適。


とても上品で優しいルナソルのベージュ系パレット

マスカラも、上下全方向にしっかり塗りましょう。
中央は上へ。目尻側は外へ。目頭側は内へ。黒目を中心に目が広がっているように見せるデカ目効果バツグンです。

素材集の写真にメイクをほどこしてみました。
上の画像は目そのものをフォトショップで大きく加工した、いわゆる「やらせ(笑)」でしたが、下の写真はメイクをほどこしただけです。

目を大きく見せるメイクレッスン画像

このモデルさんの場合、少し奥二重気味なので、目尻側が広くなるようにアイシャドウを塗りました。
普通の二重まぶたの場合はかまぼこ型に塗ってもOKですよ。 

こうやってみてみると、眉の太さは意外と重要だということがわかりますね。
そのほかに、目の周りのたるみをマッサージで解消することもおすすめします。
目の周りの皮膚は薄いので、薬指でなぞるようにそっとおこなってくださいね。

 - 悩み解決メイク