キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

日焼け肌メイク術~夏を楽しもう!

   

白く透明な肌が美しいという「美白」への憧れはもちろんあるけれど、その一方で夏はこんがり小麦色に日焼けした肌で元気なファッションを楽しみたいときだってありますよね。
でも、本当に日焼けしてしまったら、シミやそばかす、乾燥など、肌へのダメージが怖い…。
だからある程度年齢を重ねた時点から日焼けを諦めた人も多いはず。

何か対処法はないかしら?

そこで、日焼け肌風にメイクすることでもっと自由におしゃれを楽しめたら素敵ではありませんか?
ここでは日焼け肌風にメイクする方法を考えてみましょう。

日焼け肌メイクでぜひおさえておきたいポイントは…?

・一にツヤ、二にツヤ!
・ハイライトをうまく利用しよう!
・ビビッドなアイメイクカラーを楽しもう!
・ポイントメイクはオリエンタルを強調して
・口紅は少し濃い目の色をチョイス
・首や胸元までトータルでメイクして!

それでは実際にメイクしてみましょう。

日焼け肌メイクレッスン 画像

1.ファンデーションは絶対に「ツヤのあるもの」を!

ファンデーションは自分が日焼けした肌をイメージして色をチョイスしましょう。
マットな質感のファンデを使ってしまうと、一歩間違えれば、顔色が悪く不健康な顔になってしまいます。
透明感があり、ツヤ仕上がりのリキッドファンデーションを使ってくださいね。
顔と首が違う人にならないよう、首までしっかり伸ばしましょう。

資生堂 マキアージュ クライマックス モイスチャーリキッド
ソフィーナ プリマヴィスタ クリームファンデーションがツヤありファンデーションの中でも人気です。

ファンデーションを伸ばし、シミなどの気になるスポットをコンシーラーでカバーしたら、
せっかくのツヤを消さないようにごく軽くルーセントパウダーでおさえてください。

ちらりと覗く胸元にはゴールドパールの入ったカラーを軽く伸ばしておくとすごく綺麗!
一気にゴージャス感がアップします。

2.ハイライトを入れてメリハリを!

肌全体に日焼け色のファンデーションを塗ったら、Tゾーンや目の下、眉の上下など、明るく見せたいところにハイライトを入れましょう。
できればパウダータイプのものではなく、練りタイプやリキッドタイプのハイライトカラーを。
ゴールドパールが入ったものが素敵です。

3.練りチークで健康的で自然な血色を表現

パウダーのチークではせっかくのツヤが消えてしまいます。
ここは徹底的にこだわって練りチークで。
指にとったらトントンと円を描くように頬骨の高くなっている部分にぼかします。
頬の中央に丸くぼかすとキュートな感じ。
こめかみの方へシャープにぼかすとエレガントなります。

4.アイカラーは色を楽しもう

普段はっきりした色のアイシャドウはどうしても目立ってしまうので使いにくいもの。
でも、この日焼け肌メイクでは思い切って使ってみましょう。
これもリキッドや練りタイプのアイシャドウをチョイスするとGOOD!
グリーンやブルーの落ち着いた色がおすすめです。

5.アイラインでオリエンタルを表現

黒やブラウンのアイライナーを使っている人も、今回はぜひネイビーブルーのアイラインなどいかがでしょう。
パールが入っていればなおさら吉。
目尻に向かって太くなるようにアイラインを引き、スッとサイドに消えるように流して切れ長な目を作ります。
下まぶたにもブルーを入れてミステリアスな囲み目アイメイクに。

6.リップは濃い目のベージュでシックに

肌が濃い今回のメイクでは、いつも使っているリップでは唇が明るく浮いてしまいがち。
少し暗めの色を選び、リップペンシルで輪郭をしっかり描いてから口紅を塗りましょう。
これも質感が大切。
ゴールドパールを唇の中央に入れてツヤを出して仕上げましょう。

 - メイクその他