キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

アイシャドウの塗り方基本ガイド~色で立体感を!

   

コスメを買うときに、選ぶのがとっても楽しいのがアイシャドウ。
新色パレットが出ると、どれも綺麗で、ついついいくつも欲しくなりますよね。

でも、そのパレット。
「私は使いこなせてるかな?」と考えてみたら、「実はどうやって使えばいいのか分からない」という人も多いようで…。
ここでは、一番基本になるブラウンのグラデーションが揃ったセットを例に、立体的な目元を作る方法をご紹介したいと思います。

参考にするのは資生堂インテグレート アクセントアイズの人気色、とてもクールに仕上がるブラウンです。
甘すぎず辛すぎず、誰にでも似合う色ではないでしょうか。 

資生堂インテグレート アクセントアイズ 画像

写真の4は強めのラメが入ったアクセントカラーとなっています。

1:ベースカラー
2:メインカラー
3:ダークカラー

が基本。グラデーションになっているパレットはどんな色でも使い方は同じです。

>>1のベースカラーをアイホール全体にぼかす

アイシャドウの塗り方画像01

まぶたがふんわりと明るくなりますよね。
くすみが気になる人は特に下地的な効果があると思います。
パレットに付属しているブラシではなく、幅1センチくらいはあるブラシを使うのがおすすめ。
早いし、何よりムラなく綺麗にぼかせます。

>>2の中間のカラーを二重の幅に

アイシャドウの塗り方画像02

二重の幅とは、鏡に向かって目をしっかり開けたときに、塗ったアイシャドウが少し見えるくらいの範囲。
これを目安に、じぶんのまぶたの形や好みに合うように入れ方を調整してください。
奥二重の人は色が隠れがちなので広めに。一重の人はそのまま見えるので綺麗なグラデーションを作りましょう!
ここでは、目のアウトラインにあわせて「かまぼこ型」に塗っています。

>>3の引き締めカラーを目のキワに

アイシャドウの塗り方 画像03

クールに見せたい場合は目尻側に広くなるように。キュートな丸い目にしたいときは、目の中央の黒目の上が幅広くなるように塗りましょう。
引き締め色は、中間カラーより先に塗って、後から「明るい部分と暗い部分」をうまくつなぐように中間色を入れてもいいですね。

>>4のポイントカラーをアイホールの中央に

アイシャドウの塗り方画像04

パールが効いたハイライトをアイホールの真ん中に丸く入れてみましょう。
これでグンと目の立体感が引き立ち、また重くならずにアイメイクが仕上がります。

>>下まぶたにもグラデーションを。

目頭のを「>」の字に囲むようにハイライトをのせましょう。
チップにパールホワイトなどを取り、目を閉じて軽く目頭に置けばOK。

次に1のベースカラを下まぶた全体に。
3のダークカラーを目尻3分の1に細くアイラインのように入れたら、
それをぼかすように2の中間カラーを乗せ、なじませましょう。
目のキワに入れるダークカラーを上下に入れて囲み目にし、目がパノラマ状に広がるように見せます。

これで、デカ目を演出する基本のアイシャドウ塗りが完成です。

 - アイメイク , , ,