キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

マスカラの塗り方~徹底ガイド

      2009/05/05

マスカラって上手に使えば他の化粧品が比較にならないほどデカ目効果が得られますよね。
でも、使い方がまずいと「ひじき」みたいな睫毛になっちゃったり、周りの肌についてパンダ目になっちゃったりで、ダメージも大きい!

そこで、今回はマスカラの正しい塗り方を考えてみましょう。

1.下から覗き込む位置に鏡を置くべし!

マスカラを塗るときにとっても大切で、それなのに実は案外出来ていないのが「根元からしっかり塗ること」。
目のフレームを濃く見せることが目的なので、根元にちゃんと塗れていなければ効果半減ですよね。

そこで、マスカラを塗るときやアイラインを引くときは、鏡を斜め上に向けて、机の上に置き、あなたの顔を下から映すようにしましょう。
そうすれば、睫毛の根元がバッチリ見えるので、自然と根元の部分が綺麗に塗れますよ。

均一に塗るのって結構難しいですよね。
大切なのは、そのままいきなり塗らず、ブラシについた余分な液を取ること。
ボトッとついちゃうとまつ毛同士もくっついちゃうし、後から修正するのが大変ですからね。
 

うまく塗れない方には、ブラシが細かく振動して、ムラなくマスカラ液をつけてくれる、電動マスカラもおすすめですよ。

2.黒目を中心に放射線状に睫毛を広げる!

まつげを上に上げようと、ひたすら下から上へマスカラを動かすと、いかにも!な睫毛になって不自然。
基本は、黒目を中心に放射線状に睫毛が広がるように仕上げましょう。
そうすれば黒目が大きくなったように見せる効果も期待できますよ。
下睫毛も同じです。

マスカラの塗り方画像01

これを基本に、クールにみせたいときはマスカラを横に動かして外に流すようにするといいですね。

3.パンダ目にならないために

まず、マスカラを塗るときに周りの肌に黒い色がついてしまう…という人は、コットンなどで目の周りを防御して塗りましょう。
もう少し本格的にやるなら、いらなくなったカードなどを目のカーブに合わせて切り、目のキワにぴったりくっつけてガードすると完璧です。 

どうしても途中でマスカラが落ちてきてにじんでしまうという人は、最近ランキングサイトでも人気が高い、フィルムタイプのマスカラを使ってみてください。
これまでのマスカラとはまったく違う仕組みになっていて、ゴム状のフィルムが睫毛をコーティングしますので、溶け出すこともありません。
落ちないマスカラはクレンジング剤も効きにくく、苦労しがちですが、フィルムタイプのマスカラなら、お湯で落ちるので簡単!
クリニークカネボウ・コフレドールメイベリンなど、いろいろなメーカーから続々と登場してます。

 - アイメイク , ,