キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

大人ニキビには漢方薬!~治療と予防

   

ニキビといえば思春期の象徴ですが、実際にはなかなかそういうわけにはいきません…。

生活や食生活の乱れ、ストレス、皮脂の過剰分泌、毛穴詰まり、ホルモンバランスの乱れなど、とてもたくさんの原因があり、思春期だけではなく、大人ニキビに悩まされる人も多いですよね。

女性の場合は毎日ファンデーションを塗らなければいけないなどの事情もありますし、10代のころにくらべると新陳代謝が弱くなっているため、いつまでも治らずに跡が残ってしまうケースもあります。
ですから、できる前に予防することが大切
漢方薬の力に頼って、「できにくい体質」に変えることも可能です。

漢方薬はニキビの表面的な症状を直接治してくれるわけではありません。
体力が弱っていたり、毒素が排出されずに体内に滞ってしまった状態を漢方の力によって調整し、体調を整えることで、ニキビのできにくい体質・治りやすい体質に変えていこうというのが漢方薬でのニキビ治療となります。

漢方薬でニキビを治療したいときは、漢方薬局などで専門家に相談するのがおすすめです。
「にきび」と一つにくくってもその原因や症状はいろいろです。
ニキビにも赤く腫れて熱を持っているものやそうでないものなど、いろいろなタイプがありますよね。
食生活や生活の乱れが原因の場合はそれを直す必要があるでしょうし、ホルモンバランスの乱れなら、ニキビのできる時期が決まっているかもしれません。そうやってニキビができる原因を探り、薬と併用しながら原因を改善するといいでしょう。

ここで、にきびに処方される漢方薬にどのようなものがあるのか、ほんの一例を見てみましょう。

たとえば、「あごや口のまわりにできやすい」という人はいませんか?
一般的に大人ニキビは成長期のニキビと比べて「できる箇所が下に下がってくる」傾向があるようで、大人になってからあごや口のまわりにニキビができる人はとても多いようです。
こういう場合に処方されることの多いのが、清熱解毒の効果がある「黄連解毒湯」
炎症しやすい体質を改善するのに使われる処方です。

また、「平胃散」もよく使われます。これは消化器の働きをよくして、気のめぐりをよくしてくれる処方。食べ過ぎや飲みすぎで胃腸に負担がかかると、口のまわりにニキビができることって多いですよね。
こういうケースによく合うでしょう。

 - スキンケア ,