キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

眉毛のアートメイク~初心者ガイド

   

眉を朝完璧に仕上げると眠そうな顔もキリッと「ONモード」になりますよね。

昼食後や帰る前、メイク直しをするときに、ファンデーションの乱れを直したり、口紅を塗りなおすのは誰でもよくやることですが、アイブロウに注目する人は少ないのではないでしょうか。
一度チェックしてみてください。眉って結構メイク落ちするんですよね。

時間が経って何となく顔がぼやけたようになって来た気がしたら、それはきっと眉のメイクが落ちたせいでは?
特に眉山から外側がほとんどないような人は、メイクが落ちてしまうと余計にマヌケな顔になってしまいます。

そこでちょっと気になるのが「アートメイク」。
洗っても落ちないメイクなんです。

アートメイクとは?

専用のニードルを使って、皮膚の下部分を染色する方法で眉を書いていきます。

化粧は肌の上に色を乗せているだけですが、アートメイクは肌を染めてしまいますので、昼になるころには剥げてくることもなく、ジョギングやテニスで汗をかいても、プールや海で泳いでも落ちてしまうことはありません。

刺青(いれずみ)と同じなの?

刺青が一生消えないのとくらべ、アートメイクは通常3~5年かけて少しずつ落ちてきます。
その違いは、「皮膚の層のどの部分を染めるか」。

皮膚は、一番上の表皮、2番目の真皮、その下にある皮下組織の3つの層で出来ています。

アートメイクは表皮に守られている真皮の部分に施します。
表皮の部分は染めたとしてもほんの数日で落ちてしまうのですが、真皮を染めれば格段に長く色を保つことができます。
刺青の場合は、さらにその下にある皮下組織の部分を染めます。こうすると一生色が落ちることはありません。

染める方法は、アートメイクも刺青も基本的には同じ。
針を肌に直接刺して色を注入していくやり方ですので、針を刺すときにチクンとした痛みを感じます。
眉を整えるときに、毛抜きで抜いている人はそれと似たようなものだと考えておけばよさそうです。
また、麻酔を使って無痛で施術してくれるクリニックもあるようですので、探してみるといいでしょう。

アートメイクを施術するときは、丁寧にカウンセリングをして眉の形を決めます。
眉は、太さや濃さ、色、形で人のイメージを大きく左右しますから、この過程はとても大事ですよね。
ペンシルで形を描き、納得のいくまで相談して決めるようにしましょう。
またアートメイク自体についても方法や危険性、トラブルの可能性について、事前に説明を受けておくと安心です。

デザインが決まればその場ですぐ施術を受けられますが、途中で鏡を見て確認させてもらうといいですね。

気になる費用は?

眉の場合、そのサロンorクリニックの設備や技術の内容(グラデーションなど)によってかなりの幅があるようですが平均的には5万円程度と考えておくとよさそうです。
料金が明瞭で口コミでの評判がいいところを探し、安心できる施術を受けましょう。

 - アイブロウ ,