キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

ヴィジュアル系アイメイクのやり方に学ぼう♪

      2009/05/07

ヴィジュアル系には全く「うとい」の一言である私ですが…。
それでも最近のビジュアル系ミュージシャンの人たちって、ホント綺麗ですよね。どぎつい感じもなくて。
衣装もホント綺麗だし。 

肌も陶器のようにスベスベですごい「美白!」だし、妖しげな目力には吸い込まれそうになってしまいます。
ヴィジュアル系のメイクは、普段使いにできるものじゃないけど、たまにはばっちりコンセプトを決めてイメージチェンジもしたいときだってあるし、ファンの人はライブにいくときヴィジュアル系ファッション&メイク&髪型と、トータルにばっちり決めて行きたいですよね!

今回は画像や動画をちょっと参考にして、v系アイメイクの方法を私なりに研究してみたいと思います。

最大のポイントはアイメイクだと思いますが、それ以前に大切なのがベースメイクですよね。
あのアイメイクはその下にある美しい肌があってこそ。
ミステリアスなイメージは、トラブル肌や色黒肌では無理ってものです。
普段からマジメにスキンケアして、日焼け予防は完璧に!
艶をおさえたマットな下地とファンデーションで人形のような美しい肌を作ってください。

>>アイブロウ編

では眉の手入れから!
あまり眉山にカーブや角度をつけず、ストレートに描きましょう。
アウトラインを決めたら、根元から不要な毛は丁寧に抜き、毛先が飛び出す毛はハサミでカットしてします。
黒のペンシルアイブロウライナーで一本ずつ眉毛を植えていくつもりで描きます。
その際力は入れないで!ぺったり海苔が貼りついたようにならないよう自然に描いて、ぼかしましょう。

>>アイシャド-編

次はアイシャドウです。
基本はやっぱりインパクトと深みがある黒を使うのがいいと思います。
できるだけ「黒らしい黒」を探して持っておくといいですね。ビジュアル系メイクでなくても、囲み目メイクをするときなんかにとても重宝しますから。
チップに黒のシャドーを取って目のキワに置き、まずは左右に動かしましょう。そして、上に向かって薄くなっていくようにグラデーションを付けていきます。
最初は薄く、何度も塗り重ねて深みをだしていきましょう。
二重まぶたの人は二重の部分に濃いところがかなり隠れるので、結構大胆に塗っちゃって大丈夫ですよ。
丸くかまぼこ形にぼかすよりは、眉尻の方向に広がっていくようにぼかした方がクールでかっこいいと思いますが、目やまぶたの形にはいろいろあるので、鏡をよく見て、バランスよくなるように試してみてくださいね。

上まぶたが塗れたら、次は下まぶたにも黒を入れて引き締めます。下まぶたは加減が難しいですよね。もっと薄い色を広い範囲に入れて、黒はほとんどアイライン的な使い方にとどめた方が無難。
ぼってり平面的にいれてしまうと、ただの病人になってしまうので、目のキワにライン上に入れてから丁寧にぼかすといいと思います。

>>ハイライト編

黒だけだとどれだけ美しく入れても沈んだ感じになりがち。
陰気な印象にならないためには、正反対の白をうまく入れるのがおすすめです。
これで黒がますます引き立つんですよね~。
白は、目頭の内側の部分にちょんと置いたり、下まぶたの目頭よりにライン上にいれてみましょう。
目頭の内側にハイライトを入れることは、ノーズシャドーの役割も果たします。不自然に鼻筋にシャドーを入れるよりずっとスッキリ洗練されたメイクになりますよ。

>>アイライン編

次に、シャドーとなじむように黒のアイラインを入れます。
こだわりたいのは目尻の角度。目の中央の一番高くなっている山あたりを越えたら、そこから下がらずにスッと横に引くとどこまでもクールに仕上がります。

>>マスカラ編

ヴィジュアル系アイメイクをクールに仕上げるのは、マスカラがとっても大切!
ついいつもの癖でまつ毛をクルンとカールしてしまいがちですが…くるんとカールされた睫毛はNGです!
どこまでも長く直線的に仕上げて、まつ毛が瞳に長い影を落とすように仕上げましょう。
これで完璧なヴィジュアル系アイメイクの完成です!

 - アイメイク , , ,