キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

ギャルメイク講座!メイク方法を研究しましょう

      2009/04/22

ギャルメイク?私にはもう関係ないわ…。
はい!私もそうです(年齢的にorz
でも、ギャルメイクってポイントおさえてしっかり作りこむと実はかなりかっこいいんですよね。参考にできる部分は結構ありそう。だけど、かなり大胆に塗るメイクなので、自然になるよう丁寧にやらないとただのケバいお姉さんになっちゃいます。正しいやり方を覚えればあなたも「かっこいいお姉さん系」になれるかも!
ここでは画像や動画を参考に自分なりのギャルメイクの仕方を紹介していきます。

 

>>ベース編

ポイントポイントが結構濃いので、それがただの「ケバい」にならないかは、ベースをいかに丁寧にととのえるかによってだいぶ違ってくる気がします。
スキンケア段階からまずはしっかり肌のキメを整えましょう。そして赤みを消すタイプのカラーコントローラー下地を使ったりして肌の悩みはきちんとカバーすること!

でも、ファンデーションはあくまでナチュラルなもの。ファンデーションをあまりカバー力の強いマットなものにしてしまうと、今っぽくないし老けた感じになってしまう可能性が!
シミやクマをカバーするにはコンシーラー(柔らかいものが自然に仕上がります)を使い、ファンデは薄づきのものをおすすめします。

 >>アイメイク編

「目力命!」のギャルメイク。一番の気合のいれどころはやっぱりアイメイクですよね。
一番のポイントは濃い色から大胆に乗せてこと。 まず濃い色からのせていきます。チップに黒やダークブラウンをとったら、二重の幅(一重の人はもう少し狭く)くらいを目安にのせ、綺麗にぼかしましょう。目頭と目尻を狭く、目の中心を広く、かまぼこ型をイメージしてのせるといいと思います。

次はブラウンのシャドー(中間色。パール入りがおすすめ)をチップにとって、眼球のまわり(アイホール)のくぼみに沿ってのせていきます。そこに影がさすように彫りを深く見せるつもりで。目の中央を濃く、左右(目頭と目尻)に向かって薄くなるようにしてくださいね。

そしてアイライン。アイライナーはブラックのペンシルアイライナーでベースラインを引いた後、リキッドをのせるダブル使いがオススメです!アイメイクのポイントになるように、パール入りのものやカラーライナーを使うと目立ちますよね。深い瞼の陰影を生かしたいので、ここはあまり目尻を跳ね上げないでナチュラルにフェイドアウトさせたほうがいいかも。

ここまでのアイシャロウ&アイラインは下まぶたの目尻側3分の1にも入れて囲み目にしてしまってもOK。下まぶたを強調すればタレ目メイクにもできます。
その際、ちゃんと馴染ませて黒のラインだけが浮かないようにしましょう。

ギャルメイクで一番欠かせないのはマスカラで決まりでしょう!
ビューラーを3段階に当ててカールをつけた後、ボリュームタイプのマスカラを全体にたっぷり塗り、乾いたらロングタイプのマスカラを毛先を中心に重ねづけします。何度も重ねる人もいると思うけど、重ねづけするときは絶対「ひじき」みたいなまつ毛にならないように!
あれはめちゃくちゃ見苦しいです。

>>リップ編

目元にインパクトがあるときは、唇は質感重視のヌーディーリップが鉄則ですよね。この辺は引き算して「足して100」になるように心がけましょう。そして!コンシーラーで輪郭を消して、ぷっくらグラマラスな輪郭を作っちゃいましょう。ペンシルで輪郭を描いたら中をそのままペンシルで塗りつぶすかベージュのリップで埋め、グロスを唇の中央と上唇の山の部分にたっぷりつけます。

>>チーク編

チークははっきり濃くつけちゃうと途端に老け顔になってギャルメイクじゃなくなってしまいます。ここは個人個人の肌にもよりますが、ピンクとオレンジの中間くらいの色をセレクトするといいかも。全体的に色味のないメイクなので、あまりチークをベージュ~ブラウン系にしちゃうと病人に見えるので気をつけてさいね。ゴールドパール入りのものがゴージャスなセレブ感がでますよ。
幅の広いフェイスブラシに取り、広い範囲にぼかします。

 - メイクその他 , , , , ,