キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

チークの入れ方徹底攻略!

   

メイクで気合を入れるところはどこですか?
ベースメイクやアイメイク、口紅の色などには恐るべき情熱を注いでも、チークは適当にささっとのせて終わり!なんて人はきっと多いはず(^∀^ヾ

それは実はとってももったいないこと。
人をパッと一目見たときに与える印象ってとても大事ですよね。チークはそんな大事な印象にとっても大きく関わっているんですよ。

何となく疲れているとき、どんより曇った日…体調の悪いとき。チークを入れたら何となく元気に見えませんか?こんなとき、チークの偉力が分かりますよね。

ここでは、そんな愛すべきチークの入れ方を研究しましょう!

まず注意したいのはブラシ。チークを買ったときについているブラシをそのまま使っていませんか?このブラシはほとんどの場合、小さすぎて実際に使うには向きません。
幅が3センチ以上あり、ひと塗りで希望の幅にふわっと色を乗せることができる大きなブラシを用意しましょう。

ブラシをチークの上で2,3回行き来させて色をとったら、かならず手の甲で払って余分な粉をとります。そして、ブラシの中に粉をふくませます。これが自然に仕上げるコツです。

基本的な入れ方を覚えましょう。
ブラシを頬骨の一番高いところに置き、そこからこめかみに向かってさっと滑らせましょう。
頬骨のふくらみに沿うように入れるといいですよ。

頬でなくもっと上のこめかみ部分に入れるのはNG(古いメイクではよく使われていた入れ方です)。頬骨の下のくぼみの部分に入れること。

ピンク系やピーチ系のチークを丸く入れると、ほんのり上気した可愛いメイクに仕上げることもできます。自分が作りたいイメージによって試してみましょう。
この場合は、同じようにブラシにとったら、ニッと微笑んでみてください。このときに盛り上がる、頬の一番高いところにブラシを置いたら、そこを中心に円形にふんわりぼかします。
ポイントは基本の塗り方よりももっと少なめにブラシに取ること。丸く入れる場合は塗りすぎに注意しないとピエロやおてもやんのようになってしまいます。
塗ってみて足りなければもう一度薄く重ね塗りするようにして、慎重に重ねていきましょう。

 - メイクその他 ,