キレイのココロ

メイクやスキンケア、巷で話題の美容法お試しレポなど♪

眉の書き方:メイクテクニック攻略!

   

「眉がうまく描けない」と悩んでいるあなた。
眉の描き方がうまくできなくて悩んでいる人は多いようですね。特に左右対称にならない…ポイントの決め方が分からない…という悩みが多いかもしれません。
でも大丈夫!コツさえ覚えれば、誰でもちゃんと綺麗に描けるようになるんです。
美しい眉は顔全体を引き締めてくれる重要なフレームの役割をしてくれます。
ここでは、ナチュラルなアイブロウの正しい書き方を練習してみましょう。

おすすめしたいのがパウダーとペンシルを併用すること。
パウダーアイブロウは3色くらい入っているもの、ペンシルは削るタイプのものよりクルクルと回して使うものやノック式の方が使いやすいですね。
色はぜひ茶系で!髪が真っ黒な人は、眉も黒で揃えればかっこよく仕上がりますが、それでも真っ黒よりはグレーやブラウンの方が自然に仕上がります。髪をブラウンに染めている人は、必ず茶系を選んでくださいね。

今回の攻略では、アイブロウの出発点は中央から。
アウトラインをペンシルで描き、中を塗りつぶす人がいますが、それではいかにも「描きました!」という不自然な仕上がりになってしまいます。
おすすめなのは、中心線を最初に描く方法。いわゆる眉の「背骨」です。背骨を先に描いておいて、後から太さを上下に付け足していけばいいんですよ。

眉尻の位置を決めましょう。
ペンシルを小鼻の脇と目尻を結ぶように当て、その延長線上に眉尻の位置をとります。
ただし、今は少し短めに仕上げるのがトレンドですね。その位置より少し内側にとるようにするといいでしょう。

位置が決まったら中央付近から弓なりにカーブを描いて眉尻までのラインを1本の線で軽く引きましょう。
それが全体の中の軸となるラインです。

同じペンシルで今描いたばかりの中心軸よりも下の部分を書き足していきましょう。
力をいれないようにして、軽くペンシルを滑らせるように描き、今は形をとるくらいのつもりで描きましょう。

次はアイブロウパウダーの出番です。3色入っているものがいいというのは、グラデーションで立体感を出すため。
一番濃い色を細いブラシにとり、軸を確認しながら、中央から眉尻へ向けて色をのせていきます。
軸の下側を濃い色で描き、上側は薄い色で塗るとすごく自然になりますよ。

真ん中より内側は、形を作るというよりも陰影をつけるつもりで塗っていきましょう。
さっき使った薄い色のついたブラシを使い、真ん中から眉頭に向かって軽くぼかすように塗っていきます。
そして、指で鼻筋に沿って眉頭を一撫で。自然な陰影を完成させます。

一通り描けたら、はみ出した不要な毛をカットしましょう。ぜひ眉用のカットバサミを用意しておいてくださいね。
ここで丁寧にムダ毛を処理しておけば、眉は軽く色をのせるだけで綺麗に浮かび上がりますよ。

髪をカラーリングしている人は仕上げにぜひアイブロウマスカラを。
ここで眉毛をさっと染めておくことで全体のトーンが揃い、ぐっと自然で洗練された雰囲気になりますよ。

これで究極の「作り込みナチュラルアイブロウ」の完成です!

 - アイブロウ , ,